TOPFriends : 友達

Friends : 友達

Friendsには、ジャンルを問わず宮島永太良の友人知人が登場!
毎月、ショートインタビュー、コメント、活動予定をお伝えします。
 

今福優子さんインタビュー「色鉛筆画への道」 前編

 
今福優子さん
 

・今福優子(いまふくゆうこ)さんプロフィール

今福優子さん

色鉛筆画家
1971年12月10日、静岡県御殿場市出身、射手座、A型。
1994年 東京農業大学卒業。

近代日本美術協会会員
KSアーティストクラブ会員
日本文芸家クラブ会員
ミーツアートクラブ会員

Web Site ►   Facebook ►   Blog ►  

 

今福優子さんが、子ども時代から語った!

宮島通信編集部(以後・M):今日はよろしくお願いします。  最初に今福さんの子どもの頃の夢を教えてください。
今福優子さん(以後・Y):小学生校の頃、手のひらサイズカードぐらいの大きさで1台1ゲームのゲームウォッチが流行っていて、それに夢中だった私は、ゲームの開発者に憧れていました。

M:どんなゲームでしたか?
Y:いろいろ種類があったと思いますが、ゲームウォッチFIREに夢中でした。  火事が起きたビルから飛び降りてくる人々を、担架でトランポリンのように弾ませ、救急車まで運ぶゲームです。  点数を重ねていくと、落ちてくる人が増えて難易度があがっていくゲームでした。

M:ゲーム開発者とは、1970年代から80年代の子ども心を反映していますね。  ところで、絵は描いていましたか?
Y:小さな頃から描くのは純粋に好きで、小中学校の美術の時間や写生大会、夏休みの宿題で描いたポスターの絵などが、市のコンクールで賞をいただくことはありましたが、私的な時間に描くことはしていませんでした。  だから、当時はオトナになって絵描きになろうと考えたことは全くなかったです。

M:高校時代は?
Y:趣味で描き続けることもなく、描いたのは美術の授業の時だけでした。  ただ大学進学を決める頃、心の何処かに絵への想いがあったのか、漠然と美大進学も考えました。  それで、ちょっと母に相談したのですが、「美大に進んで、卒業後はどうするの?」の問いに対し、返事に窮したのを覚えています。  両親は長女の私に普通の大学に進み、一般企業に入ることを求めていたので、その頃、一番興味のあった分野を学べる東京農業大学だけを受験し、進学を決めました。

今福さん

M:東京農業大学で学びたかったことは?
Y:以前から動物の解剖に興味があったので、実験に伴う解剖をしてみたかったのと、当時、注目を集め始めていた食物繊維を学びたいと思いました。  また東京農大には、食物繊維の研究では日本有数の権威である教授がいらしたからです。

M:大学では何の解剖をしたのですか?
Y:マウスやマウスより小さなラットの解剖を何百匹と行い、それを元に研究、食物繊維の卒業論文を書き上げました。

M:どうして解剖に興味を持ったのですか?
Y:中学から高校まで自然豊かな御殿場に住んでいました。  中学校の理科の教科書にカエルの解剖図で体の仕組みが紹介されていて興味を持ちました。  しかし、当時でも授業で実際に解剖をすることは少なかったそうですが、ウチの理科の先生がユニークで「御殿場にはカエルがいっぱいいるし、実物を見るのが一番だ」と言って、解剖させてくれました。

M:初めての解剖はどうでしたか?
Y:イヤだと言う子もいたけれど、私は小さな頃から見ていた人体解剖図に凄く興味があったので率先して解剖をしました。  しかし、メスは持ててもカエルのヌメッした感覚は嫌で直接触ることができなかったし、カエルの体の作りはとても単純だったので、もっと人に近い生物の体の仕組みを見たい気持ちが湧きました。  でも、人体解剖は医学部に入らないとダメだし、お医者さんになりたいとも思わなかったので、マウスの解剖ができる東京農大を選びました。  絵とは遠い世界です。

M:しかし、人体解剖図もリアルな絵で、拝見した今福さんの絵は具象が基本。  だから、解剖と絵がかけ離れているとは思えません。  今福さんにとって、描く対象への姿勢は解剖時のそれと同じとは言えませんか?
Y:なるほど。言われてみれば、そんな気がしないこともないですね。  自分では今まで気づいていませんでした。

M:解剖って対象の観察、凝視に繋がっていると思います。  凝視は描く上での根源的な行為。  大学で知らぬ間に見ることの訓練をしていたと言えるのではありませんか?  あのレオナルド・ダ・ビィンチもたくさんの人体解剖図を描いています。  だからこそ、今福さんの作品は抽象ではなく具象なのでは?
Y:抽象画を見るのは好きですが、確かに私自身が描くのは具象画ですね。  その考えにちょっと納得かもしれません(笑)。

今福優子さん作品

M:話を少し戻します。  大学生活はどうでしたか?
Y:実験と解剖に明け暮れていました。

M:解剖の記録はどうしたのですか?  絵や写真を残すのですか?
Y:映像でなく、全て数字のデータで残しました。  ちなみに卒論のテーマは「食物繊維と胆石生成の関係について」です。

M:就職は?
Y:多くの農大生は食品関係に就職しますが、私の卒業時期はバブル崩壊の翌年。  女子短大生の就職口はありましたが、四大女子には厳しい状況でした。  でも、幸いなことに大手の洋菓子メーカーに就職することができました。

M:仕事内容は?
Y:最初の1年間は外商部にいて主にブライダル担当で結婚式場を巡り、ウェディングケーキや引き菓子のルートセールス、他には園遊会の関係で宮内庁、そして一般企業も回っていました。  その後は、銀座や横浜のデパートにあるお店の店長を3年ずつ務め、29歳の時に転職しました。

M:次の仕事は?
Y:それまでが土日休みではなく、事務職に就きたかったので、派遣で大手IT企業に勤めました。  そして、34歳の時に現在も勤めている教育研修関係の一般社団法人に転じました。

M:どうして教育研修関係に?
Y:IT企業に勤めている時にそこの研修を受けて、企画の立ち上げから研修を成立させるまでのプロセスに興味を持ったからです。

M:今福さんは興味がある対象を見つけるとそこを目指して進むようですね。  では、いよいよ絵のお話に移りましょう。  本格的に描き始めたのは、何時頃からですか?
Y:2000年からです。

M:20代後半ですね。 動機は?
Y:社会人になってから絵を描きたい気持ちはずっとあったのですが、洋菓子メーカーにいた頃はシフトがバラバラで休みが一定せず、現実的には無理、カレンダー通りの勤務だったIT企業時代に始めました。  何かを始めたい「ミレニアム、2000年」という区切りも良かったです(笑)。

第13回『花まつり』で

M:2000年に描き始めたのは?
Y:渋谷にある絵画教室に通い始め、油絵で写実的な風景画と静物画を描きました。

M:絵の魅力とは?
Y:何なのでしょね。  例えば、綺麗な風景を見ると、写真なら見たままですが、絵だとその時の自分の感情も重ねて描ける気がするのです。  加えて、精神状態も影響し、体調が良くない時に赤は使いたくありません。  とにかく、自分の思いを込められるのが良いのかもしれません。  空想画ではなく、基本は見たままの風景画、静物画をもとに描くことからはじまりました。

M:根本的に自分の目、思考を通してから作品化したいのですね。
Y:はい、イメージはするけれど、あるものを元にして描きたいです。

M:現在、絵の対象は何が多いですか?
Y:1年前までは静物画を描いていましたが、今は女性や蝶、花の絵が多いです。  絵画教室にいる時は、カリキュラムがあるので石膏デッサンもしていましたが、そこを2年でやめ、その後は独自路線を進み始めました。

M:独自路線とは?

以下、次号に続く

 

(構成・写真 関 幸貴)

「政岡玄ちゃんの音楽便り」第25回

みなさん、お元気ですか? 玄です♪
最近、初めてのBass Recording (ちょっとドキドキ)をしています!
Bassは弾けば弾くほど、内から込み上げるモノがループし、テンションがエンドレス〜
お酒も入れば酔拳状態で、さらにMAXでしょうが、レコーディングなのでおあずけです。 
なんだか新たな世界にハマってきました〜

そして、いよいよ近づいて来ました〜
☆【10/21(土)開催・第5回横浜運河パレード最新情報!】
モノとヒトを運ぶ水上交通インフォメーション♪ – 横浜ヴィアッジオ
今回は、《日ノ出桟橋ステージ》にLive出演!
出演時間は決まり次第、HPでお伝えします。

第5回横浜運河パレード チラシ

【第5回横浜運河パレード】 HP: https://hamabridge.jimdo.com/ ►
 

《政岡玄☆運河パレード♪》
出演した動画もどうぞ見て下さい♪♪
■ https://masagen.amebaownd.com/pages/1249804/page_201709061353 ►
横浜での年に一度の、運河パレードを楽しみに来て下さい!

運河パレード
 

☆【10/22(日) ミズベリング岡山旭川2017情報】
出演予定♪
岡山城の目の前にある旭川と河川敷。
石山公園に日本三名園・後楽園と、岡山の観光名所です。
今回は岡山城の前の旭川を桃ではなく、ボートの上で歌うかもです♪
詳細はHPでお伝えします。
是非、遊びに来てください。 水辺で待っています♪

■ ミズベリング岡山旭川 ►

Love&Peace♪♪

政岡玄の音楽情報
☆HPリニューアルしました(^O^☆♪
HP→http://www.gencrs.com ►
【政岡玄(Gen Masaoka)♪】
《世界243各国へ配信〜♪♪》
☆是非☆ ダウンロード&ストリーミングなど聴いて下さいませ♪♪♪

【政岡玄Soul&Rock】ブログ♪:http://ameblo.jp/masagen ►

ご質問、LIVE/CDお問い合わせは、こちらまで連絡下さい♪
↓↓↓


(文・写真 政岡玄)

Copyright © 2010- Eitaroh Miyajima. All Rights Reserved.