TOPTalk : 対談

政岡玄さん登場第二弾!

 
宮島と政岡玄さん、ピローズギャラリー・オフィースで


◎政岡玄さんのプロフィール

政岡玄さんspace
space
本名:政岡 玄(まさおか げん)
岡山県津山市出身。
1977年1月27日生まれ、水瓶座、AB型RH−。
剣道二段。
大阪外語専門学校卒業。
半年のサラリーマン生活後、ミュージシャンに転身。
現在、シンガーソングライターとしてライブを中心に活動。
千葉テレビ“アート夢ぽけっと”エンディングテーマ「約束」を作詞作曲。
2010年9月18日、ミニアルバム“Dreaming”全国発売♪

ブログ “政岡 玄★SOUL & ROCK!!” ≫
 

政岡玄と宮島永太良が、『東日本大震災』について熱い胸の内を語る@

 

宮島永太良(以下M):
こんにちは〜。
政岡玄さんには、千葉テレビの「アート夢ぽけっと」の番組やエンディングテーマの音楽でお世話になり、個人ブログでも頻繁にマルタを採り上げていただき、いつも感謝しています。  今回も宜しくお願いします。
政岡玄(以下G):
イヤ、ボクの方こそ、歌う機会や昨秋リリースしたミニアルバム‘Dreaming’のジャケットに宮島作品を提供していただき、感謝しています。 こちらこそ、ありがとうございます(笑)。

宮島と政岡玄さん、ピローズギャラリーで

M :さて、提供した側としては、ジャケットの評判が気になりますが、どうですか?

宮島永太良と政岡玄さん

G :参加イベントやライブの会場で直売していますが、笑顔で『この絵、誰が描いたのですか?』といった反応がよくあります。  宮島さんのことを知らなくても、絵の優しい雰囲気が幅広い年齢層に受けています。  特に女性は興味を持つようですね。

M :それは、嬉しい(笑)。

G :話題は全く変わりますが、ボクも賛同者に名を連ねていますが、『東日本大震災』復興支援の『マルタ募金』の反響は、いかがですか?

宮島永太良

M :ご賛同、ありがとうございました。  皆様のお陰で支援の輪が広がり、一歩一歩、着実に進んでいます。  活動は長期継続を考えています。  ところで、震災時、玄さん、周囲の方々は大丈夫でしたか?
G:ボクはお台場の倉庫で仕事をしていましたが、阪神大震災を経験した先輩のお陰で無事でした。  ただ、バンドのメンバー、ドラムのご両親が被災しましたが、大丈夫でした。  それから、この前、大きな余震があったじゃないですか。  そのとき、石巻の友人に電話をしたら、現地は停電・断水でしたが、『もっと大変な人たちのことを思えば、耐えなければ…』と、話していました。  また、マルタ募金のことにも触れ、支援方法の具体案があれば連絡をして欲しいと、今日も石巻へメールを送りました。

政岡玄さん

M :震災時、その友だちは何処に?
G :山側に住んでいるので、直接津波の被害はなかったようですが、ライフラインの問題も含めて想像出来ないくらいと大変なようです。  そして、地形の変化、子どもの頃から海水浴で訪れた場所が、一瞬で姿を変え…

M :思い出の場所がなくなるのも辛いですね。それに伴う計り知れない喪失感。  私も少しでも何とかできないかなと思います。  だから、募金だけではなく、『支援物資を持って現地に向かおう』と、言う知人の声に素直に反応する自分自身がいました。
G :ボクも石巻の友人に実際に行きたい思いを伝えました。  そうすれば、直接話しができ、現地の状況が分かり本当に必要なモノも分かりますからね。  しかし、やはり一段落しないとどうしようもありません。  逆に彼も少し落ち着いたら、東京へ来たいと語っていました。

宮島永太良

M :私としても、被災地の現状が分からないのが辛い。  だから宮島通信では、募金と同時に体験談や意見も募っています。  実際の声が分かれば、何らかのアクションが起こせますからね。  ただ、玄さんも私もアーチスト。  だから自分の分野で行動することで支援ができそうな気がします。  例えば、辛い時、自分が好きな音楽を聴くことができたら、励まされ、心も少しは和むはずです。  何かキットできるはずです。
G :そう言えば、意外でしたが、ボクも『CDを送って!』と石巻から頼まれています。  被災地も変に縮こまっていないで、聴ける環境があれば音楽を欲しています。  東京もそうです。  現在でも大震災の影響が色濃いですが、皆が普通を心掛けて元気に動かないと、落ち込んでばかりでは日本が負の連鎖に陥り、駄目だと思います。

政岡玄さん

M :同感です。 だからこそ『花まつり』は、例年通りに開催しました。  ちなみに今年のテーマは『誕生』でした。  『祭』、本来の意味は神仏を敬うことです。  決して酔って騒ぐことではありません。  何をしたら有効かを考え行動することが重要で、自粛するだけでは大切なことを見逃すと思います。
G :岩手の酒屋さんが『お花見をしてください!』と、言っていたのも頷けます。  別に馬鹿騒ぎするのではなく、皆で酒を楽しみ、桜を愛でれば良いのであって、そうしないと、日本経済は停滞して疲弊するだけ、復興が遅れてしまいます。

M :
その通り。 東北のお酒を購入することで日常的な支援ができると思います。
G :実は、先日もチャリティーライブに参加しましたが、小さい子どもとオトナが一緒に歌い、幅広い年齢層で有意義な時間を過ごしました。  会場は、『皆で繋いで、伝えて行く』、そんな感じでした。 宮島さんとして、どんなことを考えていますか?

政岡玄さんと宮島永太良

M :私は医者ではありません。 だから体の病気を直すことはできませんが、表現行為でメンタルな部分のサポートができればと考えています。  それと共に私も含めて現代の人々が忘れかけていた自然の驚異と恐ろしさを再認識しました。  このことも強く心に刻んでいますが、具体的な行動は思案中です。
G :確かに歴史を振り返れば、間違いなく人類は自然に守られると同時に翻弄され続けていますね。

M :でも、その破壊にめげず、天災と戦いながら共存、新たな文化文明を形勢して来たのも人類です。  これからの時代、それを実証するために我々アーチストの存在が、より大きな意味を持つのかもしれません。
G :そうか、天災を表現することで新たな作品が誕生、それが同じ時代を生きる人々の『絆』になるかもしれませんね。

熱い対談は、次号へ…

by Sekikobo
Copyright © 2010- Eitaroh Miyajima. All Rights Reserved.